熱海の繁忙期はランチ難民が多数出現します

   2017/07/22

熱海温泉のオンシーズン(お店にとっては繁忙期)といえば、

春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み、お正月、

そして花火大会開催日です。

 

この期間は多くの観光客が訪れ、街が賑わいます。

夏休み中の海水浴場などは、ビーチが人で埋め尽くされています。

GWやお正月も旅館やホテルは満室状態。

素泊まりなんてできないでしょう。

 

とくに夏休み中に開催される花火大会の日は注意が必要です。

何に注意かというと、お腹が減った時です ww

1年の中でもピーク繁忙期なので、町の中心部にある飲食店は

どこもみな満席状態。外に並んでいる光景も珍しくありません。

 

もう食事できるお店を探し回って、ウロウロする食事難民のような光景。

だから時間に余裕を持って、できれば少し時間をずらすのも吉。

11時過ぎとか、14時過ぎとか、17時ころとか・・ね。

まあ、お腹が減る時間帯はみんな同じだから、

その時間帯の飲食店にお客さんが集中するのは仕方がないですよね。

 

お店側も、混み合うのは分かっているから、

事前に十分に準備して、忙しく動き回って、接客や調理に対応しているのですが、

どうしてもキャパシティを上回る来店客に、オーバーヒートして

パニック寸前になっています。

そんな時でもお客様本位で考え、とにかく落ち着いて対応するように心がけています。

 

 

閑静な林ガ丘にあるバリスタイルの高級な宿

贅沢な時間を過ごせるプライベートヴィラ

熱海に住んでいても一度泊まってみたい 素敵な空間

・・・でも予算は10万円くらいだそうです

観るだけならタダ。どんな感じでしょう。。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。