熱海温泉の混雑シーズンはいつだ?冬期編

   2017/07/22

熱海温泉の混雑シーズンはいつだ?冬期編

 

さて、熱海温泉の混雑する時期、シーズンについてお話ししてみます。
なぜそんな話をするかというと、熱海に遊びにくる方へメリットがある情報だから、です。
今回は冬期編です。春期編はこちら、夏期編はこちらで紹介しています。

熱海温泉は首都圏からも近く、伊豆半島の入り口なので
交通アクセスも便利なため、シーズンになると多くの観光客が訪れます。
観光スポットや、海水浴場、おみやげ物屋さんや飲食店などが賑わいます。

とくに人気のある飲食店は、お昼時や夕食時に混み合うので注意が必要です。
食事後の予定が決まっている方は、余裕を見てスケジュールを組みましょう。

夏のハイシーズンが過ぎると、熱海の町も静けさを取り戻します。
9月には目立つイベントが行われません。
秋には梅園の紅葉祭りなどが開催されますが、
それほど混雑はしませんね。

12月には冬の花火大会が計3回行われます。
このときにもお昼と夕方〜8時くらいまでは、
飲食店がたいへん混雑します。
この時期の花火鑑賞は、かなり寒さが身にしみますので、
防寒対策はしっかりと準備しましょう。

夏のお盆と同じくらいの繁忙期がお正月(とくに三が日)です。
年末年始を旅館やホテルで過ごす方々が、街に繰り出します。
どのお店も混み合っていて、並ばないと入店できない場合も多いです。
時間をずらして、早めに食べるか、遅めに食べるかですね。

お正月が過ぎて1月下旬位から、熱海梅園の梅祭りがひらかれます。
多くの観光客で賑わいを見せます。
この時期、熱海桜という寒桜が街中の糸川沿いに開花します。
近年、梅祭りと熱海桜とのコラボイベントが好評を得ています。
お昼時には糸川近辺の飲食店も混み合う場合があります。

 

梅園ちかくのおすすめお宿は
市街地一望の眺めが素晴らしいホテル

こちらも眺望が良く安心して落ち着けるホテル

 

糸川近くの桜祭りに近いお宿

桜祭り会場まで徒歩2分の、リーズナブルで365日同一料金ホテル

糸川沿いに建つ、海まで30秒の良心的な和風旅館

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。