今、熱海はなぜマスコミへの露出が多いのか?

   2017/07/22

今、熱海はなぜマスコミへの露出が多いのか?

 

今、テレビのスイッチをつければ、熱海が映るといれるくらい(大げさか?)に、

熱海ロケが多い状態です。テレビ以外にも映画、CM、雑誌、ネット等、

露出度の多さで全国ナンバーワンかもしれません。

 

どの観光地でもフィルムコミッションをキーワードに、マスコミ招致をしています。

熱海市もシティプロモーションと称して、マスコミ関係に協力することで、

結果的に熱海温泉を取り上げてもらおうと、市をあげて全面的に協力しています。

 

映画にしろテレビにしろ、流れるテロップに、「協力 熱海市」が出るだけで、

その経済効果はとてもとても大きな額になります。

ましてや、ロケ撮影を熱海市内の各所で行うことで、

テレビや映画にそのスポットが放映され、その放送を観た視聴者が、

「なんだか熱海って楽しそう!面白そう!」となり、

日帰りにしろ、泊まりにしろ、とにかく熱海へ足が向くわけです。

いま熱海には多くの芸能人がロケに訪れています。

ジャニーズ、嵐の皆さん、キムタクも。。
今、熱海はなぜマスコミへの露出が多いのか?
↑「ジャニーズ」と「嵐」の交友関係について

 

さて、この業務を請け負っている部署が、市役所の観光経済課で

その名も「ADさん、いらっしゃい」というロケ支援。

番組や映画などは、本来、AD(アシスタントディレクター)さんや、制作担当さんが、

ロケ地探しからロケ地での撮影交渉、出演者・スタッフの宿泊や、

食事手配など細かな調整を行うのですが、それらを全て”無償”でサポートするのです。

まさか”そんなことまでやってくれるの?”という案件まで、

“現地のアシスタントディレクター”として、徹底的にサポートしるのです。

これならADさんの肉体的精神的負担は大幅に軽減され、

ああ、困った、あ、そうだ、熱海でロケすれば解決するわ!となるわけです。

 

この「ロケ支援」は現時点で、一人の役所職員が担当しています。

なぜ一人なのか?それは、一人が全て把握し、権限を集約することによって、

各所の許可を遠回りにせず、素早く実行させるためです。

あの部署で許可を得て、次にあの部署で認証を得て、その次は・・

などとやっていては、迅速なロケ撮影を遂行できないからです。

もちろんこの流れをスムーズに行うためには、市役所や、各施設、商店街や市民の

協力も不可欠で、熱海市全体が一丸となってロケ支援を迎い入れているのが根底にあるわけです。

 

熱海に来れば、芸能人やロケ撮影の場面に遭遇する機会が多いのです。

熱海を日本のハリウッドにしたいという、ロケ支援担当の言葉は輝いています。

熱海のホテルや旅館も、新規参入やリニューアルで、年々充実しています。

常夏のリゾートで過ごすホテルライフ、ステキな響きです。。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。