熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

   2017/08/07

熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

一時、熱海温泉は閑古鳥が鳴いていると言われていました。

事実、僕の店や周りの店にも観光客の姿が少なく、

売り上げも落ち込んだ時期がありました。

日本でも有数の温泉観光地なのに、何となくさびれて暗い印象でした。

 

バブルが崩壊し、不景気の波が押し寄せ、主に企業が社員旅行に使っていたのが、

その機会が少なくなり、そしてやめることとなり、急速に繁忙感は低下してしまったのです。

また「熱海温泉」というブランド自体が時代遅れの感があり、

ブランド的にもかつての栄光から転落していました。

 

熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

 

もちろん、サービス業として顧客対応で甘んじていたところも災いしましたし、

パック旅行などによりでマージンが低下したことも影響しました。

熱海だからという思い上がりもあったのでしょうか

 

その後、熱海温泉は工夫と努力を続け復活しています。もともとの特徴である

「温泉」を売りの一番にしていますが、顧客志向を徹底し、お客様に楽しいひとときを

過ごしていただこうという気概がみなぎっています。

 

熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

 

だからこそ、今だからこそ!都心部から近くて便利な熱海への社員旅行がお奨めなのです。

いろいろな困難を乗り越え、本来のサービス業に立ち戻った熱海は、

考えてみれば、もともとは社員旅行のメッカだったのです。

大勢のお客様をお迎えするノウハウは今でも生きているのです。

 

熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

 

このどん底から這い上がってきたというプロセスは何事にも

代えがたい強みがあります。そこには、ゆるぎない顧客志向が育っているからです。

今の熱海は、町中で観光客の皆さまを心からおもてなしする気持ちでいっぱいです。

旅の決め手となる宿にしても、200年前から営む老舗旅館から

新しい宿一日一組限定の宿まで

それぞれのスタイルに合わせた旅館やホテルが

たくさんあるのも熱海温泉の魅力なのです。

 

熱海温泉が社員旅行や宴会旅行のテッパンで選ばれてしまうワケ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。